ファンデーションの色選び

似合う色を意識し始めると、悩むのがファンデーションの色。

合っているのか、いないのか・・・。

最近は「イエベブルベ」でコスメも分類されてきていますが、

色々考えはじめるとなおさらよくわからなくなってしまう事ってありますよね^^




例えば私は「サマータイプ」なのですが、日に焼けやすく褐色っぽい肌の色をしてます。

(ちょっと黄色っぽいイメージ)

サマータイプといえば「THE色白ピンク肌!」というイメージがありますが、

こういう私みたいなのがTHEピンク系のファンデーションをつけると、肌のトーンは上がりますが顔と首がまるで別人になります(笑)




たとえ同じサマータイプの人でも肌の色・トーンは、十人十色なのです。

色白ピンクさんもいれば、オークルっぽい黄色みを感じる方だっています。

日焼け具合でも肌の色は変わってきますよね!




なので一概に「サマータイプはピンクのファンデーション!」という選び方は

ちょっぴり危険です。。。




過去の私はピンク肌にこだわりすぎて、顔面だけ暴走してました。。

肌は明るく見えるし、透明感も出るし、色物(チークやアイシャドウ)の

発色もキレイになるのでそりゃあ暴走もします。

最終的に、写真を撮った時やメイク直し前の顔の違和感に「はっ!!」と我に返りました(首と顔別人事件です笑)




やっぱり理想はあるけれど、

ナチュラルに美しいのは自分の素の素材の色と向き合う事。なのだなぁ~と

常々実感します。


ただ、そんな顔と首別人事件も私にとっては大切な経験でした。

毎日何も変わらず過ごすなら、毎日失敗するくらいの気持ちでチャレンジした方が

自分らしい色やベストカラー(間違いなく自分をステキに見せられる切り札カラー)を見つける早道になるのでは・・と思うからです^^





そんなこんなで、メイクのベースのステップとなるファンデーション選びは

必ず試し塗りをして、素の肌に近いものを選ぶことが大切。

ということです。

イエローベースはオークル系、ブルーベースはピンク系がおススメですが、

肌の色には幅があるということを忘れずに。



そして、メーカーさんによって色の表記はさまざまなので注意が必要。

ピンク系と書いてあっても、意外とオークルっぽかったり

その逆もよくあります。

参考にするのは色の表記ではなく、実際に肌に乗せた時の肌色のフィット感です^^




以前の私のようにファンデーション迷子になっている方の参考になれば幸いです^^



BROOCH  東方






BROOCH BLOG

BROOCHのヘアデザインや、メイクデザイン、美容のこと、色のおはなし・・・・

0コメント

  • 1000 / 1000

BROOCH BLOG

BROOCHのヘアデザインや、メイクデザイン、美容のこと、色のおはなし・・・・